大家族で暮らす戸建住宅

昨今は大家族といっても、子供が多いだけではなく、ご両親、はたまた兄弟姉妹と一緒に住むような二世帯住宅という形が増えていると聞きます。

大家族で暮らす戸建住宅

昨今は大家族といっても

昨今は大家族といっても、子供が多いだけではなく、ご両親、はたまた兄弟姉妹と一緒に住むような二世帯住宅という形が増えていると聞きます。
夫婦と子供だけの場合と比べると、お互いのプライバシーが守られるようにキッチンを分けたり、玄関を分けたりというような作りにする場合が多いようですが、基本的に設備は共用で、一つのことを皆で協力しながら生活していた、昔ながらのスタイルというのも、何となく一つの理想的な形ではないかと思うことがあります。
キッチンや洗濯、洗面、お風呂などは一つにしながらも、できるだけ大きく作ったり、複数の人数が使えるように配慮すると、それぞれのことをやりながらも、一緒の場所に居ることで、コミュニケーションが生まれます。だから、居間もできるだけ大きく作り、皆が目の届くような作りがいいかもしれません。ただ、ご両親や兄弟と同居する時は、そういう共用スペースがありながらも、それぞれのスペースも確保されていることが理想的でしょう。
核家族化と云われてから久しく経っていますが、もっと昔の良いところも取り入れた、また新しい時代の大家族の在り方、住宅の在り方というものを考えても良い時ではないでしょうか。