大家族で暮らす戸建住宅

家族の人数が多い場合集合住宅で暮らすよりも、空間や敷地面積の広さ、近隣住民への配慮という点からも、一戸建てに住む場合が多いでしょう。

大家族で暮らす戸建住宅

家族の人数が多い場合

家族の人数が多い場合、マンションやアパートといった集合住宅で暮らすよりも、一戸建て住宅で暮らす方が、空間や敷地面積の広い家に住めますし、近隣住民への配慮という点からも、一戸建てに住む場合が多いでしょう。
大家族というと、2世帯や3世帯住宅で家族の人数が多い場合と、子供がたくさんいて大家族になる場合がありますが、もし前者なら、夫もしくは妻の両親と暮らす二世帯住宅のパターンが多いです。

その場合、どこを共有スペースにして、どこは世帯ごとに分けるかというのは、大変デリケートで大切な問題です。
玄関やキッチン、お風呂、リビングなどを共有にしてしまうと、親世帯と常に顔を合わせることになり、リラックスできないし、生活時間帯も違うので、お互い気を使うことになりがちです。

かといって、玄関から全く2つに分けてしまって、全く世帯間の交流が取れないような造りにするのも、せっかくの同居のメリットがなくなり、寂しいものです。

自分たちのライフスタイルや今後の生活をよく考えて、どのような住宅にするのか決めたいです。

お薦めサイト