大家族で暮らす戸建住宅

我が家は今時珍しいかもしれない3世代、7人家族の家です。

大家族で暮らす戸建住宅

我が家は今時珍しいかもしれない3世代、7人家族の家です

我が家は今時珍しいかもしれない3世代、7人家族の家です。
このくらいの人数では、大家族とは言えないかもしれませんが、今の状態でもう少し人数が多かったらと、考えてみました。

人数が多ければ多いほど必要なのが、トイレと洗面所の数です。
特に朝は、使う時間帯が決まっているので、混み合うことは必至です。
一般に大家族と言うカテゴリーに入るのなら、最低でもトイレと洗面所は、2箇所ずつ欲しい所です。

それから、ダイニングにもひと工夫しないと大変な事になります。大きなダイニングテーブルをポンと一つ置いて、人数分の椅子を置くのは簡単ですが、それがリビングダイニングだと、リビング部分がほとんどダイニングテーブルで占拠されかねません。それが両立できる、広いリビングダイニングなら要らぬ心配ですが、リビングをリビングとして使いたいと考えるなら、部屋のレイアウトや使うテーブルなどの家具なども、どう使うか良く考える必要があります。
あと、人数が多ければ、当然洗濯物も多くなります。沢山の洗濯物が干せるスペースの確保も、意外と重要なポイントです。
しかも、雨が降っている時でも、干せる事が一番重要です。
勿論、浴室に乾燥機を設置しても良いですし、ドラム式の洗濯機で洗濯と乾燥を一度に終わらせられるのが良いでしょう。

でもこの方法だと、かなり光熱費が掛かります。ましてやオール電化であれば、昼間の電気代は割増になっています。ならば、夜洗って干せばとなるのですが、数が数です。
大家族の洗濯物は3回・4回洗うのはザラの話です。
そうなると、真夜中までかかってしまいます。一部夜も洗うけれど、朝も洗って、それから干すのがやはり無理がないと思うのです。

洗濯物を干す場所が確保されていれば、あまり電気代の掛からない、扇風機や除湿機の併用で、結構乾くものです。
これは毎日のことなので、本当に重要なポイントです。

最後に、収納スペースは多めにあるに越したことはありません。出来るなら、ロフトを設置することもお勧めします。