大家族で暮らす戸建住宅

核家族化が進んで、1つの屋根の下で多くの家族と暮らす事は少なくなっています。

大家族で暮らす戸建住宅

核家族化が進んで

核家族化が進んで、1つの屋根の下で多くの家族と暮らす事は少なくなっています。
祖父母と両親と子供が集まって暮らす大家族の生活は、生活の時間帯が違いますから、負担も掛かりますが、助け合う事もできます。大家族の生活には、大型の住宅が必要ですから、光熱費などの維持費は大きいですが、一人当たりに換算すれば安くなります。
食事にかかる費用は、食材の量や費用は多くても、調理の手間は変わらないですし、分担することができれば、安く済むものです。

子供の面倒を親だけで見るのではなく、祖父母にも手伝って貰えるので、趣味の時間などが生まれます。困った時には、他の人に頼まないで解決できる場合もあります。
お互いの生活に干渉する範囲を明確にしておけば、家族が多くても、気兼ねしなくて済むものです。
高齢社会になっている現在、介護の問題がクローズアップされています。少人数の家族だったら、介護の負担が大きいですが、家族が多ければ負担を分担して軽減することができるものです。