大家族で暮らす戸建住宅

大家族で暮らす戸建住宅は、将来の拡張性ができる住宅です。

大家族で暮らす戸建住宅

大家族で暮らす戸建住宅は、将来の拡張性ができる住宅です

大家族で暮らす戸建住宅は、将来の拡張性ができる住宅です。

一軒の家の中に、何世代の家族が住むことも考えれば、将来のことを考える必要があります。1階と2階を分けて、各階を一家族専用として、リビングルームやキッチンを共有する考え方があります。
大家族で少ない部屋に住むとなると、一部屋を何人かで住む必用が出てきます。少ない部屋で何人も住むには、生活の工夫が必要です。
二段ベッドや三段ベッドを置いて、寝るスペースの確保です。
大家族で暮らすには工夫が必要です。

子供が大きくなってきたり、さらに家族が増えたりしてきたら、拡張する必用もありますので、庭の広い家なら増築ができます。一部屋増やしたりできます。また、新たな家族が増えたりすると、更に生活用道具や衣類などが、必要になります。服なども、上の子から下の子へと、使いまわしたりするので、押入れなどの収納スペースも必要になります。
家を設計する段階で、収納スペースを考えなければいけません。トイレや浴室の共有スペースの管理も、考える必要があります。

お薦めサイト