大家族で暮らす戸建住宅

核家族になって各人の自由度は増えたかに思われますが、核家族の構成員以外の人と話す機会が少なくなり、家族間のつながりが薄くなっているようでもあります。

大家族で暮らす戸建住宅

核家族化現象という言葉が生まれて大分経ちますが

核家族化現象という言葉が生まれて大分経ちますが、核家族になって各人の自由度は増えたかに思われますが、一方で核家族の構成員以外の人と話す機会が少なくなり、家族間のつながりが薄くなっているようでもあります。
豊かな人間性を取り戻すためには、一昔前の大家族で暮らしていた状況の再現が進められます。そのような意味で、大家族で生活できる戸建住宅が広がりつつあります。二世帯住宅と呼ばれているものです。
色々なタイプがあります。各世帯間が独立したものと、一部を共有するもの等。玄関や台所、居間等を共有し、家族ごとにプライバシーが必要な所は別々にし、皆で集まってわいわいがやがやと楽しく過ごす場所等の居間、台所等を共有の場所とすることで、各人のコミュニケーションが図られます。
核家族化によって、人と人との間に起きていた見えない疎外感が、解消されることと思います。人は賑わいのあるところで生活した方が、脳にも刺激があり良いと思います。

お薦めサイト