大家族で暮らす戸建住宅

大家族といっても、最近は親と子供1人から2人という家族構成が、多くなっているようなので、大家族というと親と子供3人以上、祖父母といったところでしょうか。

大家族で暮らす戸建住宅

大家族といっても

大家族といっても、最近は親と子供1人から2人という家族構成が、多くなっているようなので、大家族というと親と子供3人以上、祖父母といったところでしょうか。
大家族で暮らすと戸建住宅と言うと、その家族構成にもよりますが、人数に合わせた部屋が必要になってきます。子供部屋は子供が小さいうちは共同部屋でも良いですが、年齢にしたがって個人の部屋が必要になってくるので、成長に合わせて、大部屋をそれぞれの小部屋にリフォームできるような住宅にする必要があると思います。
大家族となると、皆が集まるリビングなどもそれなりに広いスペースが必要になりますが、それに合わせて、大人数の料理を作るキッチンや、皆が食事をするダイニングなども、広いスペースが求められます。
また、トイレなどの水周りも1ヶ所では厳しいでしょう。大家族で暮らす戸建住宅となると、それなりにスペースが確保できる大きな住宅になりますが、それと同時に、先のことも考えた住宅が必要になると思います。