大家族で暮らす戸建住宅

私の住む地方は、祖父母や親子が一緒に住む大家族の住宅が多く、家の建坪も大きいです。

大家族で暮らす戸建住宅

私の住む地方は

私の住む地方は、祖父母や親子が一緒に住む大家族の住宅が多く、家の建坪も大きいです。

私も昔、子供と同居するつもりで、少し広めの家を建てました。
ニ階にもトイレを作り、一部を3階にしました。
やはり大家族になると、最小限トイレは2箇所必要です。
子供が小さい時は、むしろ大きい部屋を共同で使わせた方がいいですが、成長した時は二つに分かるように、ドアはふたつつけた方がいいです。

戸別住宅なら、子供が少々騒いでも大丈夫だし、祖父母が子育てをサポートできます。大家族の良い所は、家族が一つの居間に集まって、賑やかに暮らす事です。

でも、大家族は人数もメンバーも同じとは限りません。子供は将来独立して家を出たり、あるいは結婚して一緒に住むこともあります。
二世帯住宅の場合は、キッチンやバスは別々にした方がいい場合もあります。ただこうした設備は、あらかじめ作る必要はなくて、後で作れるように配管などを工夫しておけばいいと思います。子供の成長や結婚に合わせて、必要な改造が出来るのが戸建て住宅の利点です。

お薦めサイト