大家族で暮らす戸建住宅

大家族で暮らす戸建住宅といえば、私の住む地域でもいくつか見当たります。

大家族で暮らす戸建住宅

大家族で暮らす戸建住宅といえば

大家族で暮らす戸建住宅といえば、私の住む地域でもいくつか見当たります。
田舎なので、賃貸物件が少なく、戸建の住宅がほとんどですが、最近は世帯を構成する人数が少なくなりつつあります。とはいえ、祖父母と両親、その子供の三世帯が揃った家も、私の周りにはまだまだ存在しています。
私の周りにある、大家族で暮らす戸建住宅に必要なのが、大きめのガレージです。
都市部に比べて地価が安いのもあって、どの家もガレージが広くとられています。車が一人一台あるような家も珍しくないため、何台か停められる駐車場が必要な上、大家族だと全員が一度に移動するための、大きな車がある事が多いです。

また、多人数で暮らすため、住宅そのものの面積も広く、部屋数も多く作られています。中には、世帯別に洗濯機や冷蔵庫が分けられている家もあるのですが、朝の忙しい時間などでも、ストレスなく家事が出来るせいか、二世帯で住んでいても、家族全体の仲が良いようです。

広さや設備、互いの住空間を調整する事で、大家族仕様の住宅が構築出来ると思います。