大家族で暮らす戸建住宅

大家族で暮らす戸建住宅として、我が家も6人で暮らしていました。

大家族で暮らす戸建住宅

大家族で暮らす戸建住宅として、我が家も6人で暮らしていました

大家族で暮らす戸建住宅として、我が家も6人で暮らしていました。

我が家の場合、両親と私と妻と二人の息子が住んでいて、二世帯住宅になっています。玄関やバスは共用していますが、キッチンなどは別で、それぞれで料理をして食べています。その理由として、若い人たちと食べるものが違うから、別にしようと言ってくれたからです。

もちろん注文住宅で、建坪も一般の住宅より広く、50坪近くあります。建てたのはちょっと前になるので、太陽光パネルなどの設置はしていませんが、今思えば設置しておくべきでした。

住宅設備でこだわったのが、夜間電力を使って、そのお湯で入浴することでした。
住まいの段差をなるべく減らし、コーナーも角でケガなどしないよう、なるべく丸みを帯びさせることでした。
二世帯住宅なら、親子で困った時でも、お互いが助け合い暮らして行けるのが良いと思います。
近い将来、両親が介護を必要となるかも知れません。そんな時でも、インターフォンですぐに駆けつけられます。戸建住宅なら庭も設けることができ、生き生きとした生活が送れると思います。

お薦めサイト