大家族で暮らす戸建住宅

私の大家族で暮らす戸建住宅のイメージは、古くてもなるべく部屋数の多い住宅です。

大家族で暮らす戸建住宅

私の大家族で暮らす戸建住宅のイメージは

私の大家族で暮らす戸建住宅のイメージは、古くてもなるべく部屋数の多い住宅です。

子供それぞれの部屋は持てなくても、皆で食卓を囲む部屋が、なるべく広い間取りが理想的です。
出来れば、子供の成長に合わせて、間取りをある程度広くとって、成長のスピードによって部屋を区切って、使っていく工夫が出来る住宅が良いです。

私は、兄弟二人、両親、祖父母と暮らしていましたが、部屋数は7部屋プラスキッチンでした。
それでも、生活していく上でも、不自由は感じていません。大家族の暮らしに憧れます。私も、たくさん子供を産んで…などと夢はありますが、なかなか叶わない現実です。
もし子供がたくさんいたら…と夢はありますが、今は、そんな風景を想像しているだけで楽しいです。

最近、テレビで大家族の特集などをしています。私は群馬県に住んでいますが、先日伊勢崎市の大家族の家の前を通りました。
そんなに大きな家という印象はありませんでしたが、テレビと同じ賑やかな風景を家の中から雰囲気で感じ取りました。

お薦めサイト